炸金花游戏大厅_线上官方网址~

图片

グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部生と大学院生が第34回バイオメディカル分析化学シンポジウムで星野賞優秀発表賞を受賞


ホーム >  ニュース >  学部生と大学院生が第34回バイオメディカル分析化学シンポジウムで星野賞優秀発表賞を受賞

9月2~3日に日本大学薬学部で開催された第34回バイオメディカル分析化学シンポジウム(日本薬学会物理系薬学部会主催)で、薬学部6年の天野由梨さんと大学院薬食生命科学総合学府博士前期課程1年の磯部亮太さん(ともに生体機能分子分析学分野所属)が星野賞優秀発表賞を受賞しました。同賞は、学生?大学院生の全ての演題から特に優れた演題に贈られたものです。

●天野 由梨(薬学部 薬学科6年)
演題「ジアステレオマー誘導体化とイオン移動度質量分析によるDL-アミノ酸分離法の開発」
(天野由梨、杉山栄二、飯沼賢輝、唐川幸聖、原田真志、古庄 仰、水野 初、中山 聡、轟木堅一郎)

●磯部 亮太(薬食生命科学総合学府 薬科学専攻 博士前期課程1年)
演題「抗体医薬 Rituximab に対する高親和性抗イディオタイプ DNA アプタマーの探索」
(磯部亮太、小林直央、北條泰成、古庄 仰、杉山栄二、水野 初、轟木堅一郎)

受賞した天野さん(左)と磯部さん

【関連リンク】
第34回バイオメディカル分析化学シンポジウム
https://sites.google.com/view/bmas2022(外部サイトへリンク)

生体機能分子分析学分野
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/~analchem/(研究室サイトへリンク)


(2022年9月7日)

モバイル表示

PC表示