炸金花游戏大厅_线上官方网址~

图片

グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カナダで開催された第13回国際環境変異原学会で大学院生が受賞


ホーム >  ニュース >  カナダで開催された第13回国際環境変異原学会で大学院生が受賞

大学院薬食生命科学総合学府 薬食生命科学専攻 長寿生化学研究室 博士後期課程1年の小林琢磨さん(日本学術振興会特別研究員)が、8月27日~9月1日にカナダのオタワで開催された 13th International Conference on Environmental Mutagens(第13回国際変異原学会)に参加し、 EMGS Student and New Investigator Travel Awards を受賞しました。

EMGS Student and New Investigator Travel Awards は、学会に参加した学生やポスドクのキャリア開発を促進し支援する目的で、発表内容や功績に基づき贈呈される賞です。

<受賞演題>
Cytotoxic metabolites of o-toluidine and o-anisidine induce ALDH1A1 in rat bladder epithelium.
Takuma Kobayashi1, Takeshi Toyoda2, Yasukiyo Yoshioka1, Nakako Murai1, Shinji Kishimoto1, Kohei Matsushita2, Takanori Yamada2,3, Kumiko Ogawa2, Kenji Watanabe1, Takeji Takamura-Enya4, Yukari Totsuka5,6, Keiji Wakabayashi1, Noriyuki Miyoshi1

1 Grad. Sch. Integr. Pharm. Nutr. Sci. Univ. of Shizuoka
2 Div. Path. Natl. Inst. Health Sci.
3 Lab. Vet. Path. Tokyo Univ. Agri. Tech.
4 Dept. Chem. Kanagawa Inst. Tech.
5 Dept. Cancer Model Dev. Natl. Cancer Ctr.
6 Sch. Pharm. Nihon Univ.

※EMGS(Environmental Mutagenesis and Genomics Society; 北米環境変異ゲノミクス学会)

受賞した小林さん(左)

オタワの美しい景観を背景に

【関連リンク】
長寿生化学研究室
https://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/labs/biochem/(研究室サイトへリンク)



(2022年9月7日)

モバイル表示

PC表示