炸金花游戏大厅_线上官方网址~

图片

グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



本学学生が日本薬学会第141年会で学生優秀発表賞を受賞


ホーム >  ニュース >  本学学生が日本薬学会第141年会で学生優秀発表賞を受賞

3月26~29日にオンライン開催された日本薬学会第141年会(広島)で、本学薬学部の学生と大学院薬食生命科学総合学府の院生が学生優秀発表賞を受賞しました。この賞は当大会での学生による一般学術発表の中から審査され、優秀な発表者に贈られるものです。
本学の口頭発表の受賞者は、東京大学(12名)、大阪大学(7名)、東北大学(6名)に次いで4位 (5名)です。

受賞者は以下のとおり(学年は受賞当時のものです)。

<口頭発表の部>
  • 村上 大地(統合生理学分野、薬学科5年生)
    発表演題「メタロチオネイン誘導合成によるアミロイドβ1-42誘発海馬神経変性の防御」
  • 稲田 理毅(生体情報分子解析学分野、薬学科5年生)
    発表演題「心筋KCNQ1チャネル分子複合体の病態生理学的意義に関する研究」
  • 西澤 慈(医薬品製造化学分野、博士後期課程1年生)
    発表演題「ドウモイ酸の合成研究」
  • 相良 浩人(医薬品製造化学分野、博士後期課程4年生)
    発表演題「シリビン類の合成研究」
  • 長沢 思音(生体情報分子解析学分野、博士前期課程1年生)
    発表演題「胎生マウス心臓の冠血管における性差」

<ポスター発表の部>
  • 市田 泰輝(創薬探索センター、博士前期課程1年生)
    発表演題「STLC誘導体を有する新規ADCの設計と合成」

受賞した学生ら

【関連リンク】

薬学部 Webサイト
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/

薬学部統合生理学分野 Webサイト
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/bioorg/saito/Home.html

薬学部生体情報分子解析学分野 Webサイト
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/rinsho/index.html

薬学部医薬品製造化学分野 Webサイト
https://www.us-yakuzo.jp/

創薬探索センター Webサイト
https://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/~tansaku/

日本薬学会第141年会 Webサイト「学生優秀発表賞の受賞者」
https://confit.atlas.jp/guide/event/pharm141/static/prize


(2021年4月14日)

モバイル表示

PC表示