炸金花游戏大厅_线上官方网址~

图片

グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



本学院生が日本農芸化学会中部支部例会で企業奨励賞を受賞


ホーム >  ニュース >  本学院生が日本農芸化学会中部支部例会で企業奨励賞を受賞

9月26日にオンライン発表で開催された2020年度日本農芸化学会第187回中部支部例会で、大学院薬食生命科学総合学府食品栄養科学専攻博士前期課程2年の黒川香緒里さん(食品衛生学研究室所属)が、優秀な口頭発表を行った若手研究者に贈られる中部支部企業奨励賞を受賞しました。

<発表演題>
「微生物によるメイラード反応抑制効果とその最適条件の検討」
黒川 香緒里、島村 裕子、小林 文男、増田 修一

<研究の概要>
本研究は、有限会社ラヴィアンサンテとの共同研究で、食品に利用可能な微生物の代謝物を利用して、食品の加熱調理で生じる着色(メイラード反応)を抑制する方法を見出しました。今後、本研究を元に、味噌、醤油などのメイラード反応が関与する食品への活用および微生物の代謝物を利用した低褐変?機能性食品素材の開発が期待できます。

中部支部企業奨励賞を受賞した黒川さん

【関連リンク】
食品衛生学研究室
#/labs/foodhygn/(外部サイトへリンク)

食品栄養科学部 食品生命科学科
https://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/dfsb/(外部サイトへリンク)

食品栄養科学部
https://dfns.u-shizuoka-ken.ac.jp(外部サイトへリンク)



(2020年10月5日)

モバイル表示

PC表示